カクテル「卵白入りテキーラサワー」の作り方

今回のレシピデータ

テキーラ(レポサド):45ml
フレッシュライムジュース:15ml
アガベシロップ :3tsp(15m)
卵白
ライムピール
アンゴスチュラビターズ

約18度・中口・シェーク
材料をシェークしカクテルグラスに注ぐ。

どんなカクテル?


テキーラサワーを卵白入りのクラシックスタイルで作ってみました。

「サワー」は、日本ではまず第一にイメージされるのが焼酎をレモンと炭酸で割ったものですが、実はれっきとした古くからあるカクテルのスタイルの一つ。

サワーとは英語で「sour」、すなわち酸っぱいという意味で、蒸留酒とレモンとシュガーシロップから構成されるカクテルスタイルです。

ジン、ウォッカ…など様々な蒸留酒がある中で、作られる機会が比較的多いのは「ウイスキーサワー」ですが、今回はテキーラで試してみました。

レモンの代わりにライム、シロップはテキーラと同じ原料である「アガベ」から作られたシロップを使うことでより親和性を高める狙いです。

テキーラにも、熟成度による様々な種類がありますが、今回は樽で2ヶ月以上、1年未満の期間熟成させ、綺麗な黄金色となる「レポサド」を使用しました。

熟成させていない「ブランコ(無色透明のテキーラ)」よりもまろやかな仕上がりのカクテルとなります。

テキーラをより美味しく飲むご提案でした!